スライダー カッピング 療 法

スライダー カッピングによる筋膜リリース

 

フェイスカッピング
グウィネス・パルトロウやジェニファー・アニストンをはじめとするハリウッドセレブのあいだで流行したカッピング。東洋医学では「吸い玉」とも呼ばれ、真空状態にしたカップを体に吸着させて血液やリンパの循環を良くし、デトックスにも効果がある治療法として知られている。キム・カーダシアンは、このカッピングをなんと顔に行っているそう。フェイスカッピングは、小さなカップを使って顔のリンパ節を軽く吸引することで、停滞した老廃物を押し流してむくみを解消し、小顔を実現。また、たるみやシワの改善にも効果があるとか。ケイト・ベッキンセールもお気に入りだそうで、「顔を休暇に送り出しているみたいな気分になるの」と大絶賛!

   

 

 加圧 リハビリ 

加 圧   ( 施 術 ・ リハビリ )

 

 

当院では、治療の補完的役割として加圧リハビリ行っています。

 

他の加圧トレーニングを行っているスポーツジム・スタジオなどで

 

加圧リハビリを併設している場合もありますが、実質的な施術を行うことは

 

できません。

 

その点、当院では鍼灸・整骨院としての経験と知識を生かしながら加圧リハビリを行なっています。

 

                                 

是非ご相談ください。加圧リハビリを行うことで、首・腰・手足関節の衰え

 

痛みに困っている方に、より一層のお手伝いが出来ると思います。

 

 

 

 

圧 を 変 え な が ら 加 圧 を行う施術

 

 加圧は、捻挫や骨折、肉離れ、関節の痛み その他いろいろな外傷などの治療やリハビリに着実に効果を上げています。

 捻挫・骨折・靱帯損傷などにより包帯、 ギプス固定が必要な患者さんの場合でも、筋肉が衰えることなく、早期回復にすることが出来ます。老化により足腰の衰えた方、歩行障害の方のリハビリとして活用されています。短時間(15~20分)短期間(2~3ヵ月)低頻度(週1~2回)で効果が上がりますので、筋力の衰えた方や高齢者の方でも身体に無理なく続けることができます。

 

 加圧器具を用いて、圧を変化させながら 軽い負荷にて 痛みや骨折部位の周囲の関係ある関節、筋肉 ・ 靱帯を 運動さすことにより、腫れや痛みの軽減または 加圧リハビリを行うことにより骨折部の骨癒合を早くさせる効果があります。

 

 

脳梗塞・半身麻痺・事故・入院後による運動不良による筋肉、筋力低下 にも効果があると言われています。

     

 (日本臨床スポーツ医学会誌第10巻第3号登載の論文よりのまとめ)